2015年 7月 の投稿一覧

外国人のお客様を確保するために必要なこと

Airbnbというサービスは、海外旅行者専用に空いている宿泊部屋を提供することで伸びているものです。Airbnbのシステムは、空いている部屋が自宅にあれば、Airbnbに登録することで、世界中の旅行者の宿泊部屋を提供できる場所ということで、利用できるので、簡単なのも魅力になっているので、人気が高まっています。

Airbnbに自宅の空いている部屋を登録すれば、世界中の旅行者が宿泊場所を探すために、Airbnbに登録されている部屋を探します。Airbnbは、安く泊まりたい人や現地の異国情緒を感じながら宿泊したいという利用者層がほとんどなので、利用者層の心をくすぐらせるようなサービスを提供すると、定期的な家賃収入として確保することができます。

空いている部屋が乱雑であれば、部屋を改装してから登録するという努力も場合によっては必要です。でも、ここを乗り切れば、定期的な家賃収入になるので、最初だけ投資です。そのまま貸し出しても大丈夫な状況であれば、それはそれでいいでしょう。ベッドやシーツ類の確保と、最低限の家電品さえあればOKです。

オリジナリティを出したい場合には、無償でネット環境の整っているPCを用意するというのも、いいかもしれません。外国人は日本らしい和風の部屋が好きです。あえて古い和室を提供するのもいいでしょう。
外国人は日本の民家に安く泊まることができる、ということに魅力を感じているからです。

宿泊施設との違いは、オーナーのカラーをここぞとばかりに出せることです。今、空いている部屋を貸すときに、自分だったら部屋がどうなったら宿泊したいかをテーマに、内装を進めていくと良いです。高級感を演出しても良いでしょうし、和風テイストの強い部屋にしても良いでしょう。安く泊まることができるとはいっても、お客様があってのことなので、自分だったら、どういう部屋だったら借りたいか、をテーマに部屋を準備すれば、外国のお客様も自然に集まってくるようになります。

良い部屋だと、口コミサイトでも高い評価を得られるので、自然にまた外国のお客様が宿泊してくれるという好循環が生まれます。

最近海外旅行者に人気のサービスであるAirbnbについて

Airbnbは日本での知名度はまだほとんどない事もあり、名前すら聞いた事がないという人も多いとは思いますが、世界ではすでに190ヶ国も展開しており、利用者は2千万件を越えている上にまだまだ増加中だという人気のサービスとなっています。
なぜこのサービスが近年ここまで広がりを見せているのかというと、それは旅行者側の意識が多様化しているという事が挙げられるのではないでしょうか。
日本では昔は海外旅行といえば、パックなどで集団で観光地を回るというものでしたが、日本が経済発展をしてきて日本人自体も裕福になってきて海外旅行にも手軽に行けるようになると、パックなどではなく個人で海外旅行に行く人が増えてきました。
ですが個人で海外に旅行に行くようになったとはいえ、あくまでもホテルに泊まってそこから観光地に観光に行くという事がメインだったのですが、せっかく海外までいくのに他人と同じ経験しか出来ない事に不満を覚える人達も徐々に増えてきており、それを受けてそこからさらに進化した旅行形態として登場したのが、Airbnbというサービスだと言えるのではないでしょうか。
Airbnbの最大の利点は、旅行などとは違い現地での生活を実際に体験出来る事だと思います。留学などといった大層な事まではしたくないのですが、現地の生活を少し体験してみたいという人などにはお勧めですね。基本的には家を貸してもらうだけなので、食事などをする為の買い物などはこちらが行わなくてはいけないので、市場などで買い物をしたりと現地での生活を味わう事が出来ます。
さらにこちらの経済状況や気分などにより、それこそ豪華なホテル並みの家に泊まる事が出来るかと思えば、アパートの一室のような生活観がある家に泊まる事が出来るなど、自由度が高いのもいいですね。
欠点としては、ホテルなどとは違い防犯面などに心配があるということです。airbnbのトラブルは部屋を貸す側のホストとの間に起こることもあるようで、その辺りの事前のコミュニケーションをしっかり取れる人なら、是非利用してみればいいと思います。

Airbnbのメリットとデメリットとは?

海外旅行で楽しみなことの一つは何でしょうか。食事や景色だけでなく、やはり旅行を楽しむ上で重要な要素はホテルです。宿泊するところが良いと旅の印象も良くなります。楽しかったと心から言える旅になるのではないでしょうか。もちろん、お金を払えば払うほど良いホテルに泊まる可能性は高くなりますが、どうすればできるだけ支払いを抑えて、良いホテルに泊まることができるでしょうか。今日は今話題となっているAirbnb(アエビーアンドビー)についてご紹介したいと思います。
このAirbnbとはいったい何でしょうか。それはサイトを通じて別荘や自宅、アパートを丸ごと貸し出してくれるサービスのことです。Airbnbは日本でも利用者が増えてます。一軒やをそのまま貸してくれるので家族などで滞在するにはぴったりといえます。このサイトを利用するメリットは何といっても、きれいな家を安く借りることができるということです。もちろん、家電や家具はそろっていますので、家で料理することもできます。洗濯などもすることができます。海外旅行を家族で、しかも長期で楽しみたいのであればかなり大きなメリットがあると言えます。さらに、サイトを見ると近くのカフェやお勧めスポットなども紹介されているので、より現地の雰囲気を楽しむことができます。
では、デメリットはいったいあるのでしょうか。デメリットは利用する側というよりも迎える側、つまりホストについてです。それは場合によっては合法ではないという問題があります。結局やっていることはホテル業にあたるので、ホテルと同じように税金を取られなければいけないというようなものです。さらに、日本ではそれほど心配ないかもしれませんが、海外では治安といった心配もあります。確かに、もし隣の家が常時貸し出ししており、色々な人が出入りしていると少し不安を感じてしまうかも知れません。実際に、このAirbnbを利用して、売春を行っていたという事例もあるようですので、犯罪の温床となってしまうデメリットがあります。

airbnbで稼ぐ、開いた物件で収入を得ること

これまでに使っていた家を格安で売ることはあまり得策ではないのです。すでに使わないと決まったのであれば、売る事も仕方ないと考えますが、駅から近いような物件だったり、ほかの住宅とはひと味違った魅力のある物件の場合にはAirbnbを利用するというやり方があります。

空き物件というのは世界中に沢山あり、その部屋をそのままにしていてはもったいないと言う事で、旅行者に貸し出すというサービスがAirbnbとなります。物件を所有しているホストの人と、旅行者を結びつけるというサービスなのですが、その利用者が毎年飛躍的に増えているのです。

自分の物件をAirbnbのサイトに登録しておくことによって、海外からの旅行者を受け入れることが可能になります。部屋の中の様子の写真を掲載しておくことにより、旅行者に快適に使える物件であるという事をアピールするのです。

その写真を確認した上で、借り入れの交渉をする事が可能になってくるのです。時にポイントになるのは、生活で使うような家具類や生活雑貨などもすべて取りそろえておくことです。

料理で使うような小物類や、リビングにおいてあるティッシュペーパーのような当たり前の物をすべて取りそろえておくのです。旅行者は宿を借りて普通の生活ができる状態になることがポイントになっています。

そのあたりの気楽な宿を借りる事ができるのがAirbnbの魅力になっているのです。なので、近くにある民宿やホテルよりも格段に快適な生活空間を演出することが可能であれば、旅行者にも好評となるはずです。

このような旅行者のレビューがいくつも増えていけば、人気の部屋となる可能性があるのです。日本ではあまりメジャーではないAirbnbですが、海外の旅行者は当たり前のようにAirbnbのサイトで現地のお部屋を探すようになっているので、自分の部屋が思いもよらない人気の宿に変わる可能性があります。

基本的には、旅行者が利用した後きれいに掃除をして、また次の旅行者を受け入れるという状況となり、開いている物件で収入を得ることが可能になるのです。

Airbnb(エアビーアンドビー)のニーズの高さ

日本は観光大国を目指しています。年間2000万人という外国人を迎えるためにいろいろな戦術でアピールしているわけですが、どうしても東京や大阪などの都市部に外国人が集中してしまうために、これからいかに地方の魅力を発信して外国人に日本のよさを知ってもらうかということが必要になるのです。そしてそんな外国人を受け入れるために求められているのがホテルであり、全体としては少なめになっているのです。とはいえ、外国人の中にはホテルのようなきれいでなにもかもが整っていて、快適という生活ではなく、日本の普通の暮らしを経験してみたいと思う人がいるのも確かなのです。そのような人にとってはホテルはあまり魅力的ではなく、民泊に憧れを持っているのです。

それでAirbnb(エアビーアンドビー)という新たな形態の宿泊スペースが注目されています。これはこれから増えるであろうビジネスであり、これは空き部屋を有効活用するために貸したいという人、そしてそれを借りたいと思う外国人のニーズをぴったりと合わせるためのサービスなのです。自宅が1部屋誰も使っていない、余っているということであればそれを誰かに貸すことで収入を得ることになるのです。1部屋のみですのでホテルのように高い値段ではなく数週間あるいは数ヶ月だけ利用する外国人としては安くて、しかも日本の暮らしを満喫できるし、日本人と親しくなれるそんな機会にもなるのでニーズは高いのです。

こうしたAirbnb(エアビーアンドビー)のようなビジネスは日本では最近聞かれるようになってはきましたが、外国ではかなり前から大きなビジネスとして行われていて、かなり市場は大きくなってきています。日本人は知らない人、特に外国人を泊めるということには抵抗があるかもしれませんが、英語力をつけたいとか、外国人に憧れを持っているのであればかなり魅力的なサービスになります。まずはそのサービスに登録できるかどうかを検討することができます。

Airbnbで世界192ヶ国でホームステイができる?

Airbnbで世界192ヶ国でホームステイができるってどういうこと?Airbnbは、エアビーアンドビーって読むみたいだけど、世界中に空き部屋などを持っている宿泊場所を提供することのできる人と、旅行などのために宿泊場所を探している人とを結びつけるサービスをしているのが、Airbnbということのようです。インターネットでマッチングしているという感じなのでしょうかね。普通の人の一軒家とか、アパートの一室とかだろうし、ホテルや旅館ではないから、かなり安い値段で泊まることができるのでしょうね。

Airbnbが設立されたのは、2008年なんだって。サンフランシスコで創業ということのようだけど、アメリカ人は自分の家に泊まらせることに抵抗はないのかもしれないね。別荘とかを持っているお金持ちがやり始めたのかも。サッカーのネイマールだったか、だれかも同じように自宅を貸し出していたことがあったような気がします。日本でもAirbnbのサービスは提供されているみたいなので、海外からの観光客が増えている日本ですから、観光客が多いところなら一儲けできるのかもしれませんね。ホテルや旅館の方がいいという人もいるでしょうし、旅行に慣れている人の中には、ホテルや旅館はもう飽きてしまったから、Airbnbを利用しようということになるのかもしれませんね。

ホストとして、ゲストをおもてなししなければいけないのでしょうか?おもてなしをしたい人と、そういうことまではしたくないという人もいるのではないかと思います。Airbnbは日本語に対応しているのでしょうか。というのか、英語ができないとゲストと打ち合わせしたりすることもできないのではないかと心配にもなるのですが、どうなんでしょうね。ビジネスの出張でAirbnbを利用する人もいるかもしれないから、そういう人はかまわない方がいいのかもしれないし。ただ、自宅に泊めてあげればいいのなら、私も登録してみようかな。外国人が泊まりに来たらおもしろいかもしれません。