2015年 9月 の投稿一覧

新しい宿泊スタイルの「aibnb」について詳しく紹介!

新しい宿泊スタイルの「aibnb」について詳しく紹介!

いま世界で注目を集めている全く新しい宿泊スタイルの「airbnb」。
今回はairbnbについて詳しく紹介していきたいと思います。

airbnbとは?

airbnbとは、旅行先で現地の人の家を借りることができるという今までになかった新しい形の宿泊サービスです。
旅行先で宿泊する場所といえばホテルや民宿、コンドミニアムやユースホステルなど旅館業者が運営資する専門の宿泊施設に泊まるのが一般的でした。

airbnbはそんな宿泊という概念を根底から覆すまったく新しいサービスであり、宿泊場所の個人間取引というシステムを実現した新機軸のサービスです。

airbnbのサービスってどんなものなの?

airbnbのサイトにアクセスして旅行予定の都市を検索すると、宿泊可能な物件が候補として表示されます。
この時表示される物件はairbnbが所有している物件ではありません。

airbnbは宿泊場所の提供に関して仲立ちを行っているだけで、実質的な取引に関しては個人間で行われます。
airbnbはいわば宿泊場所のフリーマーケットのような存在であり、特定の大型宿泊施設に旅行者を宿泊させる旅館業とは全く異なるサービスなのです。

airbnbで部屋を借りるメリット

airbnbで部屋を借りる側には、安い料金で部屋を借りられるというメリットがあります。
宿泊場所は個人間の直接取引なので余計なマージンは必要ありませんし、空いている部屋を借りるだけなのでホテルに比べるとずっと割安の料金で借りることができます。

長期滞在などでも条件さえあれば部屋を借りることができますから、旅行費用を節約したい方にとってはとても便利なサービスなのです。

aribnbで部屋を提供するメリット

部屋を提供する側にとっても、airbnbを通じて部屋を貸すメリットは小さくありません。
自分の部屋を貸すことでお金を稼ぐことができますから、頻繁に家を空けがちな人にとっては使わない部屋を生かして収入を得ることができます。

料金に関しても自由に設定することができますから、大規模イベントが開催される時期など宿泊需要が大きな時期に自分の部屋を貸し出せば、相場よりもより高い宿泊料金を徴収することができます。
需要が高い時期を見計らって自分は宿泊料金の安い郊外に一時的に宿を借りて過ごし、空き部屋は旅行者に貸し出すようにすれば差額分だけ利益を得ることができます。

まとめ

簡単にairbnbについて紹介してみましたがいかがでしたでしょうか?
まったく新しい宿泊スタイルを提供するairbnb。日本で普及するには法律の整備を待たなければいけませんが、近い将来自分の部屋を旅行者に貸し出すのが当たり前になる日が来るかもしれません。

今回紹介したairbnbについてさらに知りたいという方は下記サイトを参考にしてみてください。

▼紹介サイト▼
airbnb代行・エアビーアンドビー運営代行お任せ下さい!《Airbnb Supporters》

上記のサイトはairbnbの代行をしているサービス会社のようです。
airbnbについても詳しくサイト内に書かれているので実際にどのような部屋を貸し出していてどの程度の金額で借りられるのか知ることができるでしょう。
お問い合わせも簡単にできるようなので是非興味を持った方はチェックしてみてください。

日本でも人気が高まっているAirbnb

インターネット上には様々なサービスがあり、海外で話題になっているのがAirbnbという旅行の宿泊マッチングシステムのようです。
要は海外留学のホームステイの旅行版のようなもので、宿泊先を探している旅行者と家の一部を旅行者に貸したいというホストが登録し、お互いのニーズがマッチすれば宿泊先に泊まれる=宿泊先を提供という図式になるようです。

これのどこがすごいかというと、宿泊先はホテルではありませんから、現地の文化そのものを生で味わうことができて、宿泊料金が安くすむというメリットがあります。
庶民的のその土地の家でゆっくりとくつろいで過ごすことができて、ホテルでは味わえない快適さや充実感を得ることができます。

一方、ホスト側にとっても、空いている部屋を貸すことによってお金が入ってきますから、効率よくお金を稼ぐことができます。
また、泊り客とのコミュニケーションを楽しむことができて、色々な人との出会いがあります。

双方にメリットがある方法で、お互いのニーズを満たすことができますから、海外では大人気になっているそうです。

これが日本でもじわじわと人気になっていて、東京オリンピックを目指して外国人観光客も増えるだろうからと、民泊として部屋を提供している方も徐々に増えてきています。

また、ビジネスとして民泊を行っていて、不労所得として稼いでる方もいらっしゃいます。
日本では少子化が進んでいて空き室がある家も多いですから、こうしたニーズに応えることで、上手く空き室を活用していくこともできます。

日本への観光客が増えれば経済的にも安定しますし、景気上昇にも加速すると思われます。
実際、日本でのAirbnbのホスト数は去年よりも3倍に増えているそうです。
2020年に外国の観光客がたくさん訪れた時に活用してもらえるように、Airbnbがもっと日本でも普及していくことを望みます。

また、日本国内の旅行で日本人が活用しているシーンもあるそうなので、このような使い方もできるのだと勉強になります。