今、世界中の旅行者から大人気なのがこちら、Airbnb(エアビーアンドビー)というサービスです。世界190か国以上、3万4000以上の都市から宿泊施設を選べるこのサイト。ただのホテル予約のサイトと決定的に違うのは、貸主の多くがホテル業を専門にしている訳でない、ごく普通の人達であるという点です。
故に、貸し出される家も現地の一般住宅が多く、ネイティブの暮らしを実体験できるという、旅行者にとって夢のようなサイトなのです。日本国内だって、見知らぬ他人の家にそうは簡単に泊まれないことを考えると、本当にエキサイティングですよね。
Airbnbは泊まるだけではなく、宿泊させる側としての利用も、最近注目を集めています。その多くは、知的な刺激を求めて、文化交流がてら家にお招きするというケースです。ただ泊まってもらうだけではなく、ホテルやお店では味わえないような家庭の味を振る舞ってあげたり、観光案内をしてあげたりと、日本のイメージ向上に一役買っています。
また、留守にしている物件や、実際住んでいない物件を、お小遣い稼ぎ目的でAirbnbに登録するケースも目立ってきています。エアビーアンドビー副業と呼んでもいいでしょう。宿泊者から宿泊代を予約確定時にAirbnbに入金させ、後に貸した側にAirbnbから支払うセキュアな仕組みが確立されており、支払いに関する不安は少なく、比較的安全な副業となっています。また最大¥ 100,000,000のホスト保証が備えられている点も、安全性を高めてくれています。
ただしこういった副業としてのAirbnbの利用は、旅館業法に引っ掛かる恐れがあることは考慮しなくてはいけません。実際日本以外の国でも、Airbnbによる副業はグレーゾーンにあたり、国によっては規制の強化が始まったところもあります。
国際化の流れに乗ってAirbnbを使った副業が、合法化される希望もありますが、今のところ行政がどう扱おうとしているかは未知数です。既存のホテルや旅館との兼ね合いもあり、全く規制されないことは無さそうです。副業で利用されるときは、社会の動向に注意するべきでしょう。