airbnbを始めてみよう!ホスト側からの視点で現状分析

airbnbを始めてみよう!ホスト側からの視点で現状分析

airbnbエアビーアンドビーは、個人宅を宿泊施設として貸し出しできるサービスです。
海外から始まったサービスで、今では日本でもサービスが始まっています。

今回はそんなairbnbについてホスト側の観点から詳しく紹介していきたいと思います。

airbnbの魅力とは

人気の秘訣は、安く現地の人の家に泊まることができるからです。
他人にゲストハウスとして部屋を提供するからといって、何も立派な家である必要はありません。
そこも魅力で、せっかく空いている部屋があるのなら、貸して収入にしようということで、急速に国内でも伸びてきているのが、airbnbエアビーアンドビーというサービスです。

airbnbで求められる家とは

新築の家でなければいけないということはありません。
なぜ、立派でなくても良いのか、それは外国人旅行者の利用者の多いairbnbでは、日本らしい家に泊まりたいと考えている人が多いからです。
せっかく日本に来るのなら、日本らしい家に泊まりたい、日本人の普段の生活が垣間見えるような家が良いという希望を持っている人が多いです。

宿泊に必要なアメニティグッズを用意して、清潔であることを心がけて、ベッドメイキングしてあれば、airbnbの利用者から申し込みがくるので、空いてある部屋を有効活用できるチャンスにもなります。
副収入につながるので、今後、日本国内でもさらに伸びてくるサービスになっています。

今後さらにairbnbの需要拡大

2016年の現在、airbnbに登録している宿泊所は500件ほどあります。
日本全国で500件程度なので、競合が少ない状態で稼ぎどきでもある状態なのが、日本のairbnbの現状です。
稼ぎ時といえるのが、日本のairbnbです。

オリンピックも控えているので、早めにairbnbに登録して、運営に慣れておいても良いでしょう。
オリンピックの期間中は、何かと混みあうことが予想されるからです。

オリジナリティあるサービスで差別化

調理器具をそろえるなど、オリジナリティのあるサービスを提供しても良いのです。
ハウスキーピングには、清掃の専門のサービスも提供されているので、空室さえあれば利用登録できるので、稼ぎやすい副収入となるのがairbnbです。

日本のairbnbは、東北から北海道にかけては、まだ登録がほとんどありません。
ライバルがほとんどいない状態なので東日本はairbnbで、稼ぎやすい状況にあります。

まとめ

今回はairbnbについてホスト側の視線から紹介してみました。
2020年には東京オリンピックも控えているので今のうちから登録してレビューを稼いだりして大金を稼ぐ施策をしてみてはいかがでしょうか?

下記におすすめのairbnb運営代行サイトを紹介しておきますので、物件を持っている方や空き部屋を持っている方は問い合わせしてみてはいかがでしょうか?

▼オススメのairbnb運営代行サイト▼
airbnb運営代行【新宿・渋谷・池袋】 | Airbnb Expert

上記のサイトはairbnbの運営代行として有名なサービスです。
aibnbの現状についても詳しく紹介されていますので、今回airbnbについて興味を持った方は1度チェックしてみることをオススメします。

SNSでもご購読できます。