Airbnb(エアビーアンドビー)のニーズの高さ

日本は観光大国を目指しています。年間2000万人という外国人を迎えるためにいろいろな戦術でアピールしているわけですが、どうしても東京や大阪などの都市部に外国人が集中してしまうために、これからいかに地方の魅力を発信して外国人に日本のよさを知ってもらうかということが必要になるのです。そしてそんな外国人を受け入れるために求められているのがホテルであり、全体としては少なめになっているのです。とはいえ、外国人の中にはホテルのようなきれいでなにもかもが整っていて、快適という生活ではなく、日本の普通の暮らしを経験してみたいと思う人がいるのも確かなのです。そのような人にとってはホテルはあまり魅力的ではなく、民泊に憧れを持っているのです。

それでAirbnb(エアビーアンドビー)という新たな形態の宿泊スペースが注目されています。これはこれから増えるであろうビジネスであり、これは空き部屋を有効活用するために貸したいという人、そしてそれを借りたいと思う外国人のニーズをぴったりと合わせるためのサービスなのです。自宅が1部屋誰も使っていない、余っているということであればそれを誰かに貸すことで収入を得ることになるのです。1部屋のみですのでホテルのように高い値段ではなく数週間あるいは数ヶ月だけ利用する外国人としては安くて、しかも日本の暮らしを満喫できるし、日本人と親しくなれるそんな機会にもなるのでニーズは高いのです。

こうしたAirbnb(エアビーアンドビー)のようなビジネスは日本では最近聞かれるようになってはきましたが、外国ではかなり前から大きなビジネスとして行われていて、かなり市場は大きくなってきています。日本人は知らない人、特に外国人を泊めるということには抵抗があるかもしれませんが、英語力をつけたいとか、外国人に憧れを持っているのであればかなり魅力的なサービスになります。まずはそのサービスに登録できるかどうかを検討することができます。

SNSでもご購読できます。