airbnbのホスト側のデメリットについて

Airbnb(エアビーアンドビー)というサービスが世界中で噂となっていますが、日本ではこうしたサービスはまだまだ普及していない、というのが実際の所であるといえるでしょう。
こうしたサービスがなぜ日本では定着しないのか、とうことですが、まずはAirbnb(エアビーアンドビー)というものの知名度がない、ということもあるとおもいます。
海外旅行をあまりしない層などもいますし、またインターネットをしない層と言うのも一定の割合で存在するといえます。
ですので、こうした人たちは、ニュースだったり、また旅行会社を利用する際にしか、しることができませんので、こうしたサービスなどを知らないままでいることが多くなっているのです。
ですので、Airbnb(エアビーアンドビー)の知名度と言うものが圧倒的に低いということが要因の一つであるといえるでしょう。
また日本国内においては、こういったサービスなどはまだまだ抵抗があるというのが現状となっています。
Airbnb(エアビーアンドビー)のホストになった場合、知らない外国時を宿泊させなければいけない、ということで、たとえば、事件などに巻き込まれたり、殺されたり、また麻薬などを吸っていたり、と言うことなども場合によってはあり得るといえるでしょう。
また、泊まったゲストが変なゲストだった場合はトラブルの種となってしまいますし、こうしたことを考えると割に合わない、と考えられます。
海外における価値観と日本国内における価値観と言うものはこのように著しく違うということが言えるでしょう。
また、日本においては、さまざまなカプセルホテルだったり、また漫画喫茶と言う独特の文化なども充実していたりもしますし、またビジネスホテルなどもとても清潔となっています。
こうしたリスクなどを背負ってまで、ゲストを宿泊させるというメリットもありませんし、またその他の方法もあるので、そこまで儲からないというのも現状であるといえるでしょうね。

SNSでもご購読できます。