airbnbで部屋を貸す?

副業としてAirbnbを利用する際は社会の動向に注意

今、世界中の旅行者から大人気なのがこちら、Airbnb(エアビーアンドビー)というサービスです。世界190か国以上、3万4000以上の都市から宿泊施設を選べるこのサイト。ただのホテル予約のサイトと決定的に違うのは、貸主の多くがホテル業を専門にしている訳でない、ごく普通の人達であるという点です。
故に、貸し出される家も現地の一般住宅が多く、ネイティブの暮らしを実体験できるという、旅行者にとって夢のようなサイトなのです。日本国内だって、見知らぬ他人の家にそうは簡単に泊まれないことを考えると、本当にエキサイティングですよね。
Airbnbは泊まるだけではなく、宿泊させる側としての利用も、最近注目を集めています。その多くは、知的な刺激を求めて、文化交流がてら家にお招きするというケースです。ただ泊まってもらうだけではなく、ホテルやお店では味わえないような家庭の味を振る舞ってあげたり、観光案内をしてあげたりと、日本のイメージ向上に一役買っています。
また、留守にしている物件や、実際住んでいない物件を、お小遣い稼ぎ目的でAirbnbに登録するケースも目立ってきています。エアビーアンドビー副業と呼んでもいいでしょう。宿泊者から宿泊代を予約確定時にAirbnbに入金させ、後に貸した側にAirbnbから支払うセキュアな仕組みが確立されており、支払いに関する不安は少なく、比較的安全な副業となっています。また最大¥ 100,000,000のホスト保証が備えられている点も、安全性を高めてくれています。
ただしこういった副業としてのAirbnbの利用は、旅館業法に引っ掛かる恐れがあることは考慮しなくてはいけません。実際日本以外の国でも、Airbnbによる副業はグレーゾーンにあたり、国によっては規制の強化が始まったところもあります。
国際化の流れに乗ってAirbnbを使った副業が、合法化される希望もありますが、今のところ行政がどう扱おうとしているかは未知数です。既存のホテルや旅館との兼ね合いもあり、全く規制されないことは無さそうです。副業で利用されるときは、社会の動向に注意するべきでしょう。

日本でも人気が高まっているAirbnb

インターネット上には様々なサービスがあり、海外で話題になっているのがAirbnbという旅行の宿泊マッチングシステムのようです。
要は海外留学のホームステイの旅行版のようなもので、宿泊先を探している旅行者と家の一部を旅行者に貸したいというホストが登録し、お互いのニーズがマッチすれば宿泊先に泊まれる=宿泊先を提供という図式になるようです。

これのどこがすごいかというと、宿泊先はホテルではありませんから、現地の文化そのものを生で味わうことができて、宿泊料金が安くすむというメリットがあります。
庶民的のその土地の家でゆっくりとくつろいで過ごすことができて、ホテルでは味わえない快適さや充実感を得ることができます。

一方、ホスト側にとっても、空いている部屋を貸すことによってお金が入ってきますから、効率よくお金を稼ぐことができます。
また、泊り客とのコミュニケーションを楽しむことができて、色々な人との出会いがあります。

双方にメリットがある方法で、お互いのニーズを満たすことができますから、海外では大人気になっているそうです。

これが日本でもじわじわと人気になっていて、東京オリンピックを目指して外国人観光客も増えるだろうからと、民泊として部屋を提供している方も徐々に増えてきています。

また、ビジネスとして民泊を行っていて、不労所得として稼いでる方もいらっしゃいます。
日本では少子化が進んでいて空き室がある家も多いですから、こうしたニーズに応えることで、上手く空き室を活用していくこともできます。

日本への観光客が増えれば経済的にも安定しますし、景気上昇にも加速すると思われます。
実際、日本でのAirbnbのホスト数は去年よりも3倍に増えているそうです。
2020年に外国の観光客がたくさん訪れた時に活用してもらえるように、Airbnbがもっと日本でも普及していくことを望みます。

また、日本国内の旅行で日本人が活用しているシーンもあるそうなので、このような使い方もできるのだと勉強になります。

外国人のお客様を確保するために必要なこと

Airbnbというサービスは、海外旅行者専用に空いている宿泊部屋を提供することで伸びているものです。Airbnbのシステムは、空いている部屋が自宅にあれば、Airbnbに登録することで、世界中の旅行者の宿泊部屋を提供できる場所ということで、利用できるので、簡単なのも魅力になっているので、人気が高まっています。

Airbnbに自宅の空いている部屋を登録すれば、世界中の旅行者が宿泊場所を探すために、Airbnbに登録されている部屋を探します。Airbnbは、安く泊まりたい人や現地の異国情緒を感じながら宿泊したいという利用者層がほとんどなので、利用者層の心をくすぐらせるようなサービスを提供すると、定期的な家賃収入として確保することができます。

空いている部屋が乱雑であれば、部屋を改装してから登録するという努力も場合によっては必要です。でも、ここを乗り切れば、定期的な家賃収入になるので、最初だけ投資です。そのまま貸し出しても大丈夫な状況であれば、それはそれでいいでしょう。ベッドやシーツ類の確保と、最低限の家電品さえあればOKです。

オリジナリティを出したい場合には、無償でネット環境の整っているPCを用意するというのも、いいかもしれません。外国人は日本らしい和風の部屋が好きです。あえて古い和室を提供するのもいいでしょう。
外国人は日本の民家に安く泊まることができる、ということに魅力を感じているからです。

宿泊施設との違いは、オーナーのカラーをここぞとばかりに出せることです。今、空いている部屋を貸すときに、自分だったら部屋がどうなったら宿泊したいかをテーマに、内装を進めていくと良いです。高級感を演出しても良いでしょうし、和風テイストの強い部屋にしても良いでしょう。安く泊まることができるとはいっても、お客様があってのことなので、自分だったら、どういう部屋だったら借りたいか、をテーマに部屋を準備すれば、外国のお客様も自然に集まってくるようになります。

良い部屋だと、口コミサイトでも高い評価を得られるので、自然にまた外国のお客様が宿泊してくれるという好循環が生まれます。

airbnbで稼ぐ、開いた物件で収入を得ること

これまでに使っていた家を格安で売ることはあまり得策ではないのです。すでに使わないと決まったのであれば、売る事も仕方ないと考えますが、駅から近いような物件だったり、ほかの住宅とはひと味違った魅力のある物件の場合にはAirbnbを利用するというやり方があります。

空き物件というのは世界中に沢山あり、その部屋をそのままにしていてはもったいないと言う事で、旅行者に貸し出すというサービスがAirbnbとなります。物件を所有しているホストの人と、旅行者を結びつけるというサービスなのですが、その利用者が毎年飛躍的に増えているのです。

自分の物件をAirbnbのサイトに登録しておくことによって、海外からの旅行者を受け入れることが可能になります。部屋の中の様子の写真を掲載しておくことにより、旅行者に快適に使える物件であるという事をアピールするのです。

その写真を確認した上で、借り入れの交渉をする事が可能になってくるのです。時にポイントになるのは、生活で使うような家具類や生活雑貨などもすべて取りそろえておくことです。

料理で使うような小物類や、リビングにおいてあるティッシュペーパーのような当たり前の物をすべて取りそろえておくのです。旅行者は宿を借りて普通の生活ができる状態になることがポイントになっています。

そのあたりの気楽な宿を借りる事ができるのがAirbnbの魅力になっているのです。なので、近くにある民宿やホテルよりも格段に快適な生活空間を演出することが可能であれば、旅行者にも好評となるはずです。

このような旅行者のレビューがいくつも増えていけば、人気の部屋となる可能性があるのです。日本ではあまりメジャーではないAirbnbですが、海外の旅行者は当たり前のようにAirbnbのサイトで現地のお部屋を探すようになっているので、自分の部屋が思いもよらない人気の宿に変わる可能性があります。

基本的には、旅行者が利用した後きれいに掃除をして、また次の旅行者を受け入れるという状況となり、開いている物件で収入を得ることが可能になるのです。

Airbnb(エアビーアンドビー)のニーズの高さ

日本は観光大国を目指しています。年間2000万人という外国人を迎えるためにいろいろな戦術でアピールしているわけですが、どうしても東京や大阪などの都市部に外国人が集中してしまうために、これからいかに地方の魅力を発信して外国人に日本のよさを知ってもらうかということが必要になるのです。そしてそんな外国人を受け入れるために求められているのがホテルであり、全体としては少なめになっているのです。とはいえ、外国人の中にはホテルのようなきれいでなにもかもが整っていて、快適という生活ではなく、日本の普通の暮らしを経験してみたいと思う人がいるのも確かなのです。そのような人にとってはホテルはあまり魅力的ではなく、民泊に憧れを持っているのです。

それでAirbnb(エアビーアンドビー)という新たな形態の宿泊スペースが注目されています。これはこれから増えるであろうビジネスであり、これは空き部屋を有効活用するために貸したいという人、そしてそれを借りたいと思う外国人のニーズをぴったりと合わせるためのサービスなのです。自宅が1部屋誰も使っていない、余っているということであればそれを誰かに貸すことで収入を得ることになるのです。1部屋のみですのでホテルのように高い値段ではなく数週間あるいは数ヶ月だけ利用する外国人としては安くて、しかも日本の暮らしを満喫できるし、日本人と親しくなれるそんな機会にもなるのでニーズは高いのです。

こうしたAirbnb(エアビーアンドビー)のようなビジネスは日本では最近聞かれるようになってはきましたが、外国ではかなり前から大きなビジネスとして行われていて、かなり市場は大きくなってきています。日本人は知らない人、特に外国人を泊めるということには抵抗があるかもしれませんが、英語力をつけたいとか、外国人に憧れを持っているのであればかなり魅力的なサービスになります。まずはそのサービスに登録できるかどうかを検討することができます。