airbnb経験者は語る

Airbnbを使うなら住民に対する配慮を忘れずにいたい

インターネットが出始めたころ、「ネットは世界中の人をフラットにつなげるだろうと」予言されたものです。そして2008年、Airbnb(エアビーアンドビー)はこの予言を具現化するがごとく、カリフォルニア州サンフランシスコで誕生しました。
部屋を貸したい人と借りたい人とを、対等に出会わせるコミュニティー・マーケットプレイスであるAirbnbは、旅の自由度を格段に上げ、旅行者の目に映る景色を一変させてくれました。今までガイドブックに従いホテルを選ぶ枠組みから、どうしても離れられなかった私たちを、解放してくれたのです。
利用者も多くなり、Airbnbで選んだ宿泊施設で、楽しく快適な旅をした経験をレポートしたブログも多くなりましたね。旅行者にとっては、なかなか足を踏み入れることがない、普通の住宅地の路地こそが観光地以上にアメイジングな場所であり、迷子になる体験もまた特別の思い出のようです。
一方、この素晴らしいAirbnbの仕組みを利用して、ビジネスを始めている方が世界中で増えています。確かに、自宅を留守にする合間にお金が入って来るAirbnbは、副業にピッタリですよね。
フランスでは観光に便利な場所に、自分で住むつもりはない物件をAirbnbで貸すためだけに手に入れ、ホテルまがいのことをする人もいるとか。こういった不動産購入熱の高まりで、ただでさえ高いパリの物件相場が一気に上がり、住民の生活を圧迫し社会問題になっているようです。
旅行者として借りる側からすると、こういう半分プロみたいな貸主さんは、安定感があって有難いです。でも住民を困らせているのでは不本意ですよね。フランス政府も、Airbnb専門にしている物件には、課税を重くするなどの対策を講じているようです。
その街の魅力を作り出すのは、そこに住んでいる住民です。通りすがりの旅人である私たちは、住民を尊重し、生活を壊さないようにするのがマナーでしょう。
Airbnbのシステムを利用する時は、こういった点にも配慮した行動を取りたいものだと、つくづく感じます。

海外旅行でとても楽しいAirbnbを利用した私

この間私は、海外旅行に行ってきました。以前から行きたいと思っていた国に行く事ができたので、とても満足しています。とても綺麗な国でしたね。日本とは色々と雰囲気が異なっているので、とても新鮮な感覚を覚えたのです。
ところで私は、その旅行先でちょっと特殊な宿泊施設を利用しました。Airbnbという施設だったのですね。
分かりやすく申し上げると、民宿とウィークリーマンションが合体したようなタイプです。一戸建ての物件を貸してくれる訳ですが、宿泊のために利用される事が多い物件なのですね。ちょっと2泊3日で、その物件を利用させて頂きました。
その物件は、とても良かったと思います。実は私はAirbnbではなく、ホテルを利用しようかなと思っていたのですね。しかし費用の問題などもあったので、何となくAirbnbの方が良さそうだと思ったのです。
何よりも、Airbnbの方が現地の雰囲気が感じられます。ホテルだとちょっと味気ないので、Airbnbの方が現地独特の雰囲気が満喫できるとも思ったので、試しにそれを利用してみた形になります。
そして、それで正解だったと思います。やはりホテルとは全然雰囲気が違いますね。
まず多くの方々と意思疎通ができる機会が非常に多かったです。ホテルの場合は隣の部屋に住んでいる方と、あまり意思疎通をする事もないでしょう。しかし私が利用したAirbnbの場合はシェア物件だったので、とても面白かったです。
それと、設備がとても充実していましたね。インターネット環境なども随分と充実していたので、正直びっくりしました。個人宅を用いることになる訳ですから正直スペックはあまり期待していなかったのですが、良い意味で予想が裏切られたと思います。
おかげさまで私は、旅行先でとても貴重な体験をする事ができたと思います。良い思い出を作ることができて、とても良かったですね。もしも今後また海外旅行に事があれば、ぜひAirbnbに宿泊したいと思っています。費用もリーズナブルですし、またきっと利用します。

ローマ旅行はRさん家族との出会いが良い思い出になりました

私は海外への1人旅を良くしています。
年に一回は会社で長期休暇をもらってバックパッカーで海外に行くのが大好きです。

今年はイタリアのローマに行ってきました。
バックパッカーで最近流行っているのは宿泊にAirbnbというサービスを利用することです。
自宅の1室を提供して宿泊させてくれるサービスで、宿泊代もホテルの相場の半額程度で泊まれます。
今回も事前にホスト(提供者)の人とやりとりして良い部屋が見つかりました。
自宅の住所を教えてもらい、大体の到着予定を連絡しておきました。

ローマの空港に着くと、電車を使ってホストの自宅まで行くことが出来ました。
部屋でご夫婦2人が出迎えてくれてお互い自己紹介。
旦那さんは30歳のRさん。奥さんは同じく30歳のMさんです。
そして可愛い娘さんが5歳のAちゃん。3人で住んでいるそうです。

さっそく部屋に案内されました。
家にキッチンが2つあり、宿泊者用に部屋とキッチンを用意しているそうです。
部屋も15畳ほどある広い部屋。
過ごしやすい部屋です。

その夜は家族3人と一緒に夕食をごちそうしていただきました。
奥さんの実家の地元料理という魚介料理が絶品で、日本のイタリアンでは無い味でした。
3人とも日本には来たことは無いそうですが、Rちゃんは日本の女の子向けのアニメが大好きだとのこと。
食事が終わると、そのアニメのお絵かき道具を見せてくれて、テーブルで描いています。
この辺は日本の子供と同じ遊びなんですね。

今回の旅行ではローマのサッカー観戦もしました。
Rさんもサポーターだそうで、チケットの購入方法とかスタジアムの観戦方法をレクチャしてもらえました。
セリエAは危険だというイメージでしたが、メインスタンドで見ればすごく安全で、Rさんの言うとおりでした。

2日目、3日目は観光ツアーに参加して、ローマの遺跡などを周り観光を満喫できました。
そうこうするうちに旅行も最終日。
最後の夜はまた3人と一緒に食事を楽しみました。
「またローマに来たら利用して」と言われ、再会を約束しました。

今回のイタリア旅行はRさん家族3人に良い思い出をもらえて楽しい旅でした。

最適な物件で宿泊できるようにするには

旅行のパンフレットを見ていると、旅行先のレジャー施設やアトラクション、そして現地の町並みがとても綺麗に見えることがあります。

旅行費用が一通り貯まってくると、旅行プランを計画するために様々な情報を集めるようになります。特にポイントになってくるのは、どの観光地を巡るたびにするかです。

観光地と宿泊プランがパッケージングされた、旅行ツアーがいくつもあるため、よりリーズナブルな旅行内容を計画することが可能です。その時にポイントになるのは、楽しみと旅行費用とちょうど良いバランスになっているかです。

いくつもの情報を集めていくと、ホテルの宿泊費用に関しては更に安くすると言う考え方があるのです。それがAirbnbなのです。

これは、旅行先の現地の住民が住んでいるような物件を借り受けることができるのです。賃貸アパート、または郊外にあるペンションのような建物など、普段では体験できないようなおしゃれで綺麗な建物に宿泊できる可能性があります。

しかも、ホテルに宿泊するよりもずいぶんリーズナブルになっている可能性があるので、パッケージングされた旅行プランを選択するよりも、更に安くなる可能性があります。

このAirbnbを利用して旅行をするときには、より現地の人たちとふれあう時間も増えてきます。貸し出される物件のホストの方と現地で挨拶をする時間もあるので、その時に旅行内容について話してみて、ついでに回った方が良い観光地や、良いお店などを教えてもらえるのです。

最近は、船の中に宿泊するという考え方もあります。そのあたりの物件もAirbnbに登録されているので、これまでに体験したことがないような旅行にしたいのであれば、奇抜な宿泊施設をチェックしてみて、この宿泊施設を中心に旅行プランを練っていくという考え方が有効なのです。

まずは、Airbnbへ登録することから始めます。そして、旅行先近辺の物件を探すことになりますが、地図を見て予定の範囲内の物件を絞り込んでいくのですが、最近は非常に多くの物件が登録されているため、最終的な物件に絞り込むまでに時間がかかるのです。