airbnbについて語る

部屋を貸すときには料金も自由に設定できる

エアビーアンドビーを利用して部屋を貸すときには、料金を自由に設定することができます。
既に料金が決められているのではなく、自分で自由に設定できるので、料金に納得することができます。
決める料金については、部屋の広さや利便性、周りにあるホテルの料金を参考にして決めてみるとよいでしょう。
部屋が広く使いやすくなっていたり、周りに有名な観光地がある場合には、泊まりたいという希望者も多くなってくるので、ある程度高い料金に設定しても、泊まる方を見つけることができます。
また、近隣のホテルが人気で予約をとりにくかったり、ホテル自体があまり存在していない場所だと、エアビーアンドビーを介して、部屋を求める方も多くなってくるので、比較的高い料金設定を行うことができます。
逆に、部屋の広さに自信がなかったり、周りに安いホテルが点在している時には、料金を低く抑えてみると宿泊者を見つけることができるでしょう。
近隣との兼ね合いを見ながら、料金の設定を行ってみるとよいです。
宿泊希望者とは、やり取りを行ったうえで、宿泊が決まってきますが、宿泊費もエアビーアンドビーを介して払ってもらえるので、確実に手に入れることができます。
宿泊を希望されている方は、エアビーアンドビーに料金を払い、エアビーアンドビーから宿主に料金が支払われることになるので、支払の滞りを気にすることなく、泊めることができるのです。
利用しやすいように、細かいサービスが充実しているので、不安なく利用することができるでしょう。
人を泊める時には、料金設定について気を付ける必要がありますが、そのほかにも、宿泊希望者を見極めてみると、安心して利用することができます。
予約を受け付けてから、十分にやり取りを行い、人柄や考え方をチェックしておくことで、安心して泊めることができるのです。
予約が入った時には、十分に話を行い、信頼できる人柄であると判断できた方を泊めてみるとよいでしょう。

Airbnbをインドで経験してきた!これは商売になる!

「暮らすように旅をしよう!」 そんなキャッチフレーズで有名なAirbnb.comが、いよいよ日本でも流行の兆しを見せています。Airbnb.comとは、端的に言えば、民泊サービスを仲介するサイトです。個人所有の自室や自宅を、Airbnb.comを介して世界中に公開すれば、旅行者に有料で貸し出すことができるのです。かつては、旅といえば、旅館やホテルに泊まるのが当たり前でしたよね。しかし、2008年にAirbnb.comが創業されてからというもの、欧米を中心に旅のスタイルが変わりつつあります。今や多くの旅行者が、ホテルや旅館ではなく、個人宅に宿泊するようになっているのです。

私もインドを旅行した際、Airbnbに登録している一軒家に泊まったことがあります。数人で旅行していたので、個別にホテルの部屋を取るより、Airbnb.comに登録されている一軒家をシェアしたほうが安上がりだったのです。いくら安くても見知らぬ他人の部屋に泊まるのは嫌だな…、そんなふうに躊躇する人もいるかもしれません。しかし、私のはじめてのAirbnb経験は大変素晴らしいものでした。一軒家ですから、ホテルよりずっと広く、のびのびと過ごせます。さらに個人宅ですから、規格化されたホテルと違って、部屋のそこかしこにインドらしい生活感が漂っています。これが旅人の旅情をそそるのです。せっかく異国に来たのだから、異国の生活様式を経験したいものです。そんな旅行者の我が儘にうってつけのサービスが、Airbnb.comを仲介とする民泊サービスなのです。

実際にAirbnb.comを利用した経験は私に一つの啓示をもたらしました。「民泊サービスはビジネスになる!」。そのような確信を得るに至ったのです。民泊サービスにはホテルや旅館にはない魅力があります。「暮らすように旅をしよう!」。そんな旅人の欲望に応えてくれるのは、ホテルや旅館ではなく、民泊サービスなのです。そして、私は田舎の空き家を1軒、Airbnbに登録してみました。観光地から少し外れた立地ですので、いつも満員御礼とはいきませんが、ときどき海外からふらっと旅行者が訪れては、私が持て余していた空き家に滞在してくれます。その収益は副業としては十分過ぎるほどです。

民泊サービスはビジネスになるのです。円安化の影響で日本を訪れる外国人観光客が増加していることも追い風となることでしょう。今後の発展がますます期待されるビジネスだと確信しています。

ホストとして登録して予約を受け入れられるairbnb

個性ある建物を見渡せる格好良い街、サンフランシスコにもたくさんの部屋があるairbnbなら、1万円台の部屋が多くあるのが特徴的です。部屋がかなり広く、窓が大きいのが特徴的な部屋が多いのです。サンフランシスコなら、チャイナタウンにも近い場所に多くのホストが提供する部屋が点在しています。美味しいジュースやベジタブルを買うことができ、食事も楽しめる素敵な場所に泊まれます。

airbnbには海の美しいクタに泊まることもできます。リゾートな部屋が多く、エキゾチックな雰囲気が楽しめる部屋が多いのが特徴的です。プールがある所が多いのも特徴的です。泳いで運動したり、海での景色を眺めては楽しむのもできる場所の部屋も魅力的です。クタなら、1,616円で泊まれますし、1,865円で泊まれる部屋も多くあります。2,000円から4,000円でもかなりの品の良い広い部屋に泊まれるのが人気なところです。

そんなairbnbでホストとしてゲストを泊めたい時には、部屋の連載が無料なのが便利なところです。多くのホストは30枚前後の部屋やその建物などの写真を多く載せています。そんなところも他のホテルなどとは違い、部屋の魅力をしっかりと伝えられるところです。どんな種類の物件でも可能で、リビングを部屋として貸し出すこともできるのも面白いところです。予約を受け入れる方法は、即座に予約を受ける方法と、予約リクエストを送ってもらう方法の2つの方法で受けることができます。自分が好きな方で予約を取ることができるのも便利なところです。

又、ゲストが来る前には部屋を魅力的に演出し、綺麗に掃除と整頓をするのが大切です。ゲストに部屋の鍵を渡したり、挨拶をしたりと、ちょっとホテルのフロント的なことをやるのがお仕事です。その対応によっては、リピーターになってくれることもありますし、口コミで人気が出ては、より多くのゲストが来ることとなります。airbnb掃除の代行会社もあるのでチェックしてみてくだささい!また、空調や温度調整をチェックし、連絡先や部屋の情報もしっかりと書くことが、より多くの人から注目される部分です。

Airbnbにおけるホスト選びは慎重に行う

 Airbnbをゲストとして利用するときに最も大切なことは、何と言ってもホスト先選びです。このホスト先選びを間違えてしまうと思わぬトラブルに巻き込まれてしまう可能性がありますので、そうならないように事前の下調べ及びホストとのやり取りをきちんと明確にしておくことが安全な旅行をするために大切なことです。

 ホスト先選びでは、当たり前かもしれませんが安全で信頼できるホストを選ばなければなりません。すべてのホストが100%安全で信頼できるというわけでは残念ながらありませんので、自分の身は自分で守ることをまず第一に考えます。

 そこで大切になってくるのは、ホストとして必要事項をきちんと記載しているかどうか、および他のゲストがどんなレビューを残しているか、Airbnbでメッセージのやり取りをしたときの受け答えはどうなのかということです。

 これらの項目一つ一つをしっかりとチェックし「このホストなら大丈夫」だと確信を持ったホストを選ぶようにしなければなりません。ホストとは当然面識がないところからスタートするわけですから、慎重になり過ぎるということはないのです。

 Airbnbが運営しているサービスですが、Airbnbがすべてを完全にサポートしているわけではありませんので何も考えずすべてを信頼して安易にホストを選ぶことだけは控えなければならないです。

 また、それは支払いに関しても同様で、きちんとAirbnbを介した支払いをすべきです。そうではなくてAirbnb外で支払いのやり取りをしてしまうと、もしもそれが詐欺だった場合手に負えなくなってしまいます。ですので、その点は用心深く考えておくに越したことはないです。

 ただ、こうした注意事項を守ってホスト選びをすればよっぽどのことがない限り、何かトラブルが起こるということは考えにくいです。いろいろと不安な点もあるかもしれませんが、あまり考え過ぎるのも良くありませんので、安全面を意識したホスト選びをすれば大丈夫です。

ちょっと変わった旅行プランを考える

このところ流行っているのは、Airbnbというスタイルです。これは、旅行をする際に旅行先の現地の人が所有している物件を借り受けるという方法であり、一般的な一軒家、そしてアパートやペンションなど、様々な物件を借りることが可能になる方法なのです。

このスタイルは以前からあったのですが、近年は物件を登録する数が飛躍的に伸びていて、世界中にAirbnbにて利用できる物件が多数あるため、旅行する際には一通りチェックしておく事が重要になってきます。

このメリットはなんと言っても宿泊費用を安く抑える事ができるのです。ホテルなどの場合は、ベッドメイキングやその他のサービスをホテル側がやる事が基本になってきますが、これをホテル側に依頼するために結構な費用を支払うことになります。

その点、Airbnbであれば、宿泊期間中に洗濯物が出れば、自分で選択して干しておくという事が可能です。そして、食事に関してもつれて外食をするのではなく、美味しそうな食材があれば現地で購入し、そのまま調味料などを買って自分で調理することが可能です。

つまり、建物の中にあるテーブルやテレビ、洗濯機や乾燥機などもすべて利用する事が可能なのです。そしてキッチンも利用できるので、作ってみたい食事を現地で作って食べてみることが可能になります。

そうなってくると、数日間の旅行のはずなのに、現地で住んでる人と全く同じような生活スタイルを楽しむことが可能になるのです。

これが、Airbnbの良いところであり、新しい感覚の旅行スタイルとなります。ただ、ホテルに宿をしている時のような困ったときにホテルに依頼すれば何でもやってもらえると言う部分はないので、ある程度現地の人と会話できるなどのスキルが必要になります。

なので、最初の旅行はツアーなどを利用し、とても良い地域だと感動できたなら、次にはAirbnbを利用して、より現地の人たちとふれあう機会を増やすような楽しめる旅行プランにしていくことができるのです。

旅行プランはより安い方法を選ぶべき

楽しく旅行をしようと思ったら、旅行先で何をしたいのかリストアップすることです。そして、旅行期間の中でどのような順番でその観光地を回っていくのが計画を立てていきます。

自分が行きたいような観光地がプランの中に入っているツアーをいくつも見つける事ができますが、そのようなツアーで満足できるのであれば、価格の安いプランを探していくのも良い考え方です。

ただ、このようなパッケージングされたツアーの中には、自分の好みでない内容も含まれている事があるのです。現地で貴重な時間を使うので、できれば自分の希望する内容だけで旅行のプランを組んでいきたいと考えてしまいます。

そうなってくると、ポイントになってくるのは航空券を自分で手配して、宿泊施設を自分で決めるのです。すべて自分でやるのであれば希望の内容のプランになるのですが、ポイントになるのはパッケージされているツアーよりも価格が高くなってしまうことです。

この部分は諦めるか、もう一つ安くする方法を考慮してみるのです。それは、Airbnbを利用するという方法になります。これは、旅行先の現地の泊まれる部屋を紹介しているサービスであり、その宿泊施設はホテルなどではなく、一般の人たちが住んでいるような住居になります。

なので、毎月月極で賃貸するようなアパートに、数日間だけ宿泊するような状況になります。当然のように数日分だけの宿泊費用になるので、かなり割安で宿泊できる可能性があります。

Airbnbを利用して旅行をする人の割合は年々増えてきており、より安く借りることができる部屋が世界中に増えてきているのです。なので、自分で旅行プランを立てていくのであれば、ホテルを利用することなく、より安い物件を探すことが大事です。

自由に宿泊する部屋を選べるので、普段の生活とは全く違った豪華な家具が並んでいるようなペンションを利用すると言う方法もあるのです。現実的な世界と全く違った事を楽しむのが旅行の醍醐味なので、Airbnbでの部屋選びは大事なのです。

Airbnbで世界192ヶ国でホームステイができる?

Airbnbで世界192ヶ国でホームステイができるってどういうこと?Airbnbは、エアビーアンドビーって読むみたいだけど、世界中に空き部屋などを持っている宿泊場所を提供することのできる人と、旅行などのために宿泊場所を探している人とを結びつけるサービスをしているのが、Airbnbということのようです。インターネットでマッチングしているという感じなのでしょうかね。普通の人の一軒家とか、アパートの一室とかだろうし、ホテルや旅館ではないから、かなり安い値段で泊まることができるのでしょうね。

Airbnbが設立されたのは、2008年なんだって。サンフランシスコで創業ということのようだけど、アメリカ人は自分の家に泊まらせることに抵抗はないのかもしれないね。別荘とかを持っているお金持ちがやり始めたのかも。サッカーのネイマールだったか、だれかも同じように自宅を貸し出していたことがあったような気がします。日本でもAirbnbのサービスは提供されているみたいなので、海外からの観光客が増えている日本ですから、観光客が多いところなら一儲けできるのかもしれませんね。ホテルや旅館の方がいいという人もいるでしょうし、旅行に慣れている人の中には、ホテルや旅館はもう飽きてしまったから、Airbnbを利用しようということになるのかもしれませんね。

ホストとして、ゲストをおもてなししなければいけないのでしょうか?おもてなしをしたい人と、そういうことまではしたくないという人もいるのではないかと思います。Airbnbは日本語に対応しているのでしょうか。というのか、英語ができないとゲストと打ち合わせしたりすることもできないのではないかと心配にもなるのですが、どうなんでしょうね。ビジネスの出張でAirbnbを利用する人もいるかもしれないから、そういう人はかまわない方がいいのかもしれないし。ただ、自宅に泊めてあげればいいのなら、私も登録してみようかな。外国人が泊まりに来たらおもしろいかもしれません。