airbnbのメリット・デメリット

宿を貸したいホストに気軽になれるAirbnbが便利

ゲストも、泊める側のホストも本人確認をしているから、より安心してお泊りができるAirbnbです。個人情報を確認しているホストの宿から選んで泊まることができますし、泊めて欲しいという人も本人確認済みだから、より安心して泊めることができるのが魅力的です。しっかりと認証済みID番号を発行していますから、より安全に利用できるのです。

Airbnbなら、ゲストもホストも直接お金のやり取りをせずにすむから、計算間違いなどがなくて便利です。ホストにはゲストが来ては宿泊する時にチェックインを行います。その時から24時間後にはホストにお金が支払われますから、簡単な挨拶程度でやり取りで良いのが魅力的です。

泊まれる部屋のタイプには、その一戸建てをまるごと貸切ができたり、個室に泊まれたりします。ワイワイと人と話をして宿泊がしたい時には、シェアルームも選ぶことができます。

反対に、空いている部屋を貸したい方のホストになることも気軽にできます。しかも、収入まで得ることができるのが嬉しいところで、すぐに登録しては個人情報を送り、OKサインが出れば、すぐにホストになることができます。

楽しいことに、Airbnbなら素敵なオリジナルシンボルを作ることができます。可愛く落書きをしても良いですし、お気に入りのスタンプをさりげなく押してしまうのもOKです。簡単に作れるデザインツールがあるので、それで簡単に自分だけのシンボルを作ることができます。

Airbnbなら20万円の資本金で不動産投資ができます。これからますます増える旅行者を相手に、自分の家の空いているちょっとしたスペースで収入を得ることができるのです。

平均して半年ほどで投資をした額を回収できてはプラスに転じることができますし、世界の192カ国の人がお客の対象となるので、よりゲストも素早く見つかるのが魅力的です。

東京オリンピックに向けて、ますます増えている外国人観光客相手にできますし、USドルでお金を受け取るから、より高収入を得られる外貨を稼ぐことができるのも嬉しいところです。

Airbnbが持つホテルにはないメリットとは

海外旅行の楽しみといえば、日本では味わうことのできない事を体感しにいくことです。
食文化、建築様式、風景、そして日本人とは違う文化に生きる人とのコミュニケーションなどなど、とてもではありませんが日帰りなどでその魅力を堪能しきることは不可能です。
海外へ行く場合、宿泊場所を手配してから行くものですが、個人で行く場合は自分で手配しなくてはなりません。

普通にインターネットでホテルなどに予約を入れるのも手ですが、現地の方とのコミュニケーションを楽しみつつ宿泊場所を探すということも可能で、そういったサービスを提供しているのがAirbnbというサービスです。全世界190カ国以上で展開しているサービスで、現地で宿泊出来る一般人の家を探すことが出来るコミュニティサイトです。

ホテルなどと違いあくまで一般人によって、自宅であったり余っている部屋だったりを貸してくれるというもので、よりその土地の一般的な生活を身近に感じることが出来るという特徴があります。日本での知名度はまだまだ低く、利用している方もそう多くはないのですが、海外ではかなり人気となっているコミュニティです。さて、このサービスのメリットといえば、やはり安い値段で現地の一般の家を借りることが出来るという部分。

借りるためには当然家主の方とちゃんと交渉が出来なくてはいけませんし、そのためにはその土地の言葉がしっかりと話せなくてはなりません。それが出来なくては家や部屋を用意してくれるホストの方とは十分にコミュニケーションが取れず、トラブルになることもありますし、そもそも国が違えば言葉も文化も常識も違いますから、言葉が通じても考え方が通じないこともあります。

とはいえ、そういった面も含めての海外旅行と割り切ってしまえば、安く泊まれて現地の生活を体験出来るというのはホテルには無いメリットです。自分自身でしっかりと外国人とも渡り合えるという自信がある人以外にはオススメできませんが、普通に旅行するよりもこういったサービスを利用すれば、より海外旅行が深いものになることでしょう。

観光地以外にも楽しいことが多くある

旅行の際には地元のテレビを見るようにしています。それは、外国語が上手く分からないので何を言ってるか分からない事が多いですが、その地元で流行ってる物がなんなのか確認する事ができます。

そして、ニュースに掲載されている内容がどのようなことであるかある程度分かってくるのです。外国語の勉強するときには、ニュースが最適だと何度も言われたので、その時間を旅行の際にも少しずつ実践することが大事なのです。

旅行の際には、観光したい地域を巡回する時間を増やすことが大事です。ホテルに泊まっていても楽しいことは何もないので、現地でしか見る事ができない物を見て回るのが旅行の楽しみです。

しかし、ある程度見て回るとその後は自由な時間を設定すべきです。ホテルの場合は部屋の中にいてもそれほど楽しめないのですが、Airbnbというサービスを利用して、現地の物件を借りることによってより楽しむことが可能なのです。

これは、現地の人たちが利用する賃貸物件を、旅行者に貸してくれるサービスであり、物件の中には普通のアパートなどと一緒に、バスで宿泊するサービスだったり、丘の上にあるカプセル型のシェルターだったりします。

多種多様な宿泊施設がAirbnbには登録されているので、普段の生活とかけ離れた内容の生活を堪能することができるのです。

自然が大好きな人の場合には、辺境の地にあるペンションを借り受けることも可能です。建物の中のすべての物を使って良いので、現地で生活している人と全く同じ状況となります。

登山をしてみたり、バードウォッチングをしたりと現地の生活を楽しむことができます。旅行は人それぞれ楽しみ方が違ってくるので、短期的に観光地を周り、宿泊する場所は就寝するだけという考え方と、宿泊施設も旅行の中の一部だと考えて、より良い宿に泊まることも重要なのです。

そのあたりの考え方を帰ることによって、いつもの旅行と違った内容を堪能することができます。Airbnbでは、デザイナーズマンションのような高級な部屋を借りることも可能なのです。

airbnbのホスト側のデメリットについて

Airbnb(エアビーアンドビー)というサービスが世界中で噂となっていますが、日本ではこうしたサービスはまだまだ普及していない、というのが実際の所であるといえるでしょう。
こうしたサービスがなぜ日本では定着しないのか、とうことですが、まずはAirbnb(エアビーアンドビー)というものの知名度がない、ということもあるとおもいます。
海外旅行をあまりしない層などもいますし、またインターネットをしない層と言うのも一定の割合で存在するといえます。
ですので、こうした人たちは、ニュースだったり、また旅行会社を利用する際にしか、しることができませんので、こうしたサービスなどを知らないままでいることが多くなっているのです。
ですので、Airbnb(エアビーアンドビー)の知名度と言うものが圧倒的に低いということが要因の一つであるといえるでしょう。
また日本国内においては、こういったサービスなどはまだまだ抵抗があるというのが現状となっています。
Airbnb(エアビーアンドビー)のホストになった場合、知らない外国時を宿泊させなければいけない、ということで、たとえば、事件などに巻き込まれたり、殺されたり、また麻薬などを吸っていたり、と言うことなども場合によってはあり得るといえるでしょう。
また、泊まったゲストが変なゲストだった場合はトラブルの種となってしまいますし、こうしたことを考えると割に合わない、と考えられます。
海外における価値観と日本国内における価値観と言うものはこのように著しく違うということが言えるでしょう。
また、日本においては、さまざまなカプセルホテルだったり、また漫画喫茶と言う独特の文化なども充実していたりもしますし、またビジネスホテルなどもとても清潔となっています。
こうしたリスクなどを背負ってまで、ゲストを宿泊させるというメリットもありませんし、またその他の方法もあるので、そこまで儲からないというのも現状であるといえるでしょうね。

Airbnbのメリットとデメリットとは?

海外旅行で楽しみなことの一つは何でしょうか。食事や景色だけでなく、やはり旅行を楽しむ上で重要な要素はホテルです。宿泊するところが良いと旅の印象も良くなります。楽しかったと心から言える旅になるのではないでしょうか。もちろん、お金を払えば払うほど良いホテルに泊まる可能性は高くなりますが、どうすればできるだけ支払いを抑えて、良いホテルに泊まることができるでしょうか。今日は今話題となっているAirbnb(アエビーアンドビー)についてご紹介したいと思います。
このAirbnbとはいったい何でしょうか。それはサイトを通じて別荘や自宅、アパートを丸ごと貸し出してくれるサービスのことです。Airbnbは日本でも利用者が増えてます。一軒やをそのまま貸してくれるので家族などで滞在するにはぴったりといえます。このサイトを利用するメリットは何といっても、きれいな家を安く借りることができるということです。もちろん、家電や家具はそろっていますので、家で料理することもできます。洗濯などもすることができます。海外旅行を家族で、しかも長期で楽しみたいのであればかなり大きなメリットがあると言えます。さらに、サイトを見ると近くのカフェやお勧めスポットなども紹介されているので、より現地の雰囲気を楽しむことができます。
では、デメリットはいったいあるのでしょうか。デメリットは利用する側というよりも迎える側、つまりホストについてです。それは場合によっては合法ではないという問題があります。結局やっていることはホテル業にあたるので、ホテルと同じように税金を取られなければいけないというようなものです。さらに、日本ではそれほど心配ないかもしれませんが、海外では治安といった心配もあります。確かに、もし隣の家が常時貸し出ししており、色々な人が出入りしていると少し不安を感じてしまうかも知れません。実際に、このAirbnbを利用して、売春を行っていたという事例もあるようですので、犯罪の温床となってしまうデメリットがあります。